2013年05月20日

クレジットカードの支払方法

クレジットカードはほとんどの人が1枚は所有しているものですが、支払方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

大抵の人はクレジットカードを一括払いで利用しているようですが、この他にもクレジットカードの支払い手段はあります。

カードを使った翌月もしくは翌々月の支払日に、全て支払うというやり方が一括払いです。一括払いは、クレジットカードの返済の約9割を占めていると言われています。

リボルビング払いや分割払いで、カード決済をした分を支払う人もいます。分割払いは、月に一回の返済を3回、6回、15回のように複数回に分けて行うものです。

クレジットカード利用ごとに支払回数を指定できるのが特徴です。金利は支払回数に応じてつきます。クレジットカードの分割払いのメリットは、支払回数をその都度決められることです。

支払終了時期を把握しやすくなり、支払が長引かないのが良いところです。ただし、たくさん買い物をして、うっかり借り過ぎると、支払いが難しくなることがありますので注意が必要です。

事前に月々の支払い上限額を決めておき、それ以上の支払いは繰り越すのがリボルビング払いです。月々3万円までのリボ払いにしていれば、たとえ10万円の買い物をして、その後に15万円の買い物をしても、返済は月々3万円です。毎月一定金額以上の支出がないため、家計を立てやすくなります。

しかし、分割払いやリボルビング払いは結果的に利息が増えることになります。長い目で見れば、早く返済を済ませたほうが全体的な金額は安く済みますので、経済的な状況も考慮して、なるべく無理なお買い物は避けたほうが良いでしょう。

また、手元に自由に使えるお金があったり、すぐに引き出せる貯金があれば、返済に充てたほうがお得になるでしょう。手元にお金があったり、貯金があるほうが安心感があるかもしれませんが、貯金もほとんど利子が付きませんので、なるべく返済を早く済ませるように心がけましょう!
posted by マナ at 11:05| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

クレジット契約と支払い方法

クレジット契約の支払い方法にはいくつかあります。リボルビング払い、一括払い、分割払いといった返済方法が、クレジット契約にはあります。

次の支払日で、決済額を全額払うのが一括払いの返済方法です。何回も分けて支払うのが大変だという人や、今だけお金がないという人には使いやすい仕組みです。

分割払いは、何回かに分けて、決まった金額を月々支払っていくことで返済します。支払い金額や終了時期などがわかりやすいクレジットの契約方法です。

毎月の支払い金額がはっきりしているので、余裕がある時にはつい使い過ぎてしまうこともありますので注意が必要です。

分割払いに近い返済方法にリボ払いがあります。数回に分けて返済していきますが、毎月の返済金額が決まっています。

これまでの返済総額が確認しづらいというデメリットがあります。多くの場合、リボ払いは金利が高くなっています。

クレジット契約でリボ払いを使う時は、金利が何%かをよくチェックしておく必要があります。可能ならリボ払いはせずに、他の返済方法を選択した方が、結果的に利息が少なくできます。

クレジット契約の支払い方法もいくつかありますので、無理のない返済方法を選び、使い過ぎには十分に注意しましょう。
posted by マナ at 23:01| Comment(0) | クレジット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

クレジット契約の種類とメリット

クレジット契約には、包括クレジットと個別クレジットの2種類があります。利用者は、どちらの種類のクレジットなのかを知った上で使っているのでしょうか。

クレジットカード会社に申し込みをして、まずカードを作るのが包括クレジットです。クレジットカード会社は、カードの申し込みをした顧客の信用情報を審査し、カードを発行するかを決めます。

審査に通過できれば、以後はクレジットカードを使ってクレジット契約が可能です。クレジットカードの利用可能枠の中ならばカードを使って商品を購入して、支払いの方は後で処理することができます。

頻繁に買い物をしたり、クレジットカードをよく使う人などにとって、包括クレジットはとても便利です。3万円や5万円の買い物を頻繁にする人にとっては、とても使いやすいものです。

普段はクレジットカードは持っておらず、高額決済が発生した時にその決済に対してだけ審査をするのが個別クレジットです。

それぞれの決済ごとに手続きをするもので、その都度契約する金融会社も違うものになるようです。一つ一つに対して審査をすることになるので、包括クレジットより時間や手間がかかります。

しかし、うっかり使い過ぎてしまうという危険性はありません。個別クレジット契約は、車、バイク、宝石など高額商品を購入する時によく使われます。
posted by マナ at 11:23| Comment(0) | クレジット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

クレジット契約とは

クレジット契約というのは、分割払いの一種です。高価な商品を買いたいけれど、今持っているお金が足りないという時に販売店で契約ができるというものです。

実際のクレジット契約は、店と提携している信販会社が扱います。クレジット契約の申し込みがあると、信販会社側は信用能力を審査し、OKならば商品代金を代理で払います。

この時点で、申込者は購入した商品の代金を、販売店ではなくてクレジット会社に返していくという形になるわけです。

クレジット契約には翌月一括払い、分割払い、リボ払いなどがあるので、消費者の希望によって支払い方法を選ぶことができます。

クレジット契約には2種類あります。事前に審査を受け、返済条件や貸し付け上限金額を決めておいてクレジットカードを作っておくのが包括クレジットです。

個別クレジットとは、決済を行う度に信販会社からの審査を受け、その分の支払いをしてもらうものです。

クレジット契約を利用することで、今はお金がなくて欲しいものが買えないという時でも、後日の支払いを約束することで購入ができますので、買い物の幅がぐっと広がります。

返済総額が計算しづらかったり、金利が込みいっていることもありますので要注意です。クレジット契約をする際は、事前に確認するようにしましょう。
posted by マナ at 12:47| Comment(0) | クレジット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

為替予約の注意点

為替予約はリスクヘッジするための便利な取引ですが、知っておきたい重要なポイントがあります。

為替予約は、実際の為替変動に関わらず、満期日のレートを決めておくことができますので、リスクを回避し利益を確定させる良い方法に見えます。

まず、為替予約は、預け入り中に利用ができない銀行も存在しています。取引レートはその時点より不利なレートになりますし、一旦為替予約を入れると、取り消すことはできません。

為替予約をした場合は、外貨定期預金の中途解約ができなくなりますので、現金が急に必要になったときに困ることがあるかもしれません。

外貨を購入した後は、為替予約を使えない銀行もあります。為替予約は便利な方法ですが、円安時に利益を確定させるからこそメリットがあるものです。

為替予約が預入期間中にできないと、意味を失うという場合もあるでしょう。適切な使い方ができなければ、デメリットが大きくなってしまうこともあります。

為替予約は将来の取引を予約できますが、為替相場を見てタイミングが指定できたりはしません。為替予約の為替レートは、その日その日の相場から金融機関が決めているものを使います。

銀行などが提示している為替予約用のレートで良ければ、取引ができるという仕組みです。

外貨取引をしている人にとって魅力的な為替予約というシステムですが、結果的に為替差益が小さくなったり、為替差損が大きくなるリスクもあるという事を覚えておきましょう。
posted by マナ at 11:03| Comment(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。