2012年11月26日

クレジット会社の審査について

日本国内には、特徴的なサービスを行うクレジット会社が多くあります。どのクレジット会社でも、同じサービス内容だと思ってはいませんか。日頃、どんなところにお金を多く使っているかを考えながらクレジットカードを作れば、特典の利益を受けやすくなります。

最近は年会費が掛からないクレジットカードもあり、とても人気があります。申込み時に審査を受けて、金融会社側の設ける一定の基準をクリアした人でなければ、クレジットカードを使うことはできません。クレジット会社の条件に合わない場合は、利用を断られることもあります。

審査の基準はクレジット会社によっても違います。月々の収入が不安定な人や、これまでクレジットカードの返済で滞納をしたことがある人などは難しいようです。クレジットカードにはキャッシング機能がついており、金額は制限されますがキャッシングもできます。

借り入れ希望額によっては、銀行から借りるよりも、クレジットカードのキャッシング枠のほうが使いやすいことがあります。他社で融資を断られた場合に利用するのもいいでしょう。貸付条件を比較した場合、銀行から借りた方が低金利で融資を受けることができるということが多いようです。クレジット会社にあらかじめ条件などをよく確認しておくことが大切です。
posted by マナ at 10:20| Comment(0) | クレジット会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

クレジット会社の特徴

日本だけでなく、クレジットカードは世界じゅうで使われています。クレジット会社の数は数え切れないほどです。多くの信販会社が、クレジットカードを取り扱っているといいます。クレジットカードには保険機能がついていたり、ポイント換算やキャッシング機能がついていたりと、色々な利点があります。

現金で支払うよりも付加価値が高いというのも特徴の一つです。手持ちのお金だけではとても変えないような商品でも、カードでリボ払いや分割払いをすれば購入可能てす。一般的にクレジットカードの大多数は、VISA、MASTER、JCB、ダイナーズ、アメリカンエキスプレスなどといった大手のブランドと提携しています。

そのため、世界各国でクレジットカードは使えます。クレジットカードを発行している会社は大小様々なところがあるといいます。この頃は、銀行系のクレジットカードを目にする機会が増えました。信用販売と弊行して、クレジットカードも扱っているという会社も増えてきています。オリコやジャックスのように信販会社として単独での経営を基本としている会社もあります。多くの顧客を獲得するよう、クレジットカードに工夫やサービスを施したところもあります。

クレジット会社によってサービスの内容にも違いがあるのでこれから新規で作成する予定のある人は、あらかじめメリットなどを比較してみるのもいいでしょう。
posted by マナ at 10:19| Comment(0) | クレジット会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

クレジット会社とは

財布に1枚入れておくと、もしもの時に約に立つのがクレジットカード。カードの発行は金融会社が取り扱っています。

クレジットカード会社の仕事内容とは、果たしてどんなものなのでしょう。クレジットとは、個人の信用に基づいて一定の融資を行う、信用販売という仕組みを用いています。クレジットカードは利用することでその場で支払いをせず、後日まとめて請求が来る特徴があります。その人の信用があるから、クレジットカードという金融サービスが成り立っています。

クレジット会社は、クレジットカードを発行して行う、販売信用取引を主な業務としている会社を指します。クレジットカード専用の金融会社の他にも、クレジットカードの発行会社はあります。航空会社、自動車会社、石油会社、流通メーカー、電気機器メーカー、銀行など様々な企業がクレジットを扱っています。クレジット会社は、カード決済をした顧客の買い物を立て替えます。代わりに加盟店から売り上げに応じて手数料を受け取ることで利益を上げています。手数料に、クレジットカードの利用金額の何%かを足した金額が、加盟店からクレジット会社に払うお金になることもあります。クレジット会社に支払う手数料をカードの利用者に負担させているからなのです。
posted by マナ at 19:36| Comment(0) | クレジット会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

キャッシングシュミレーションの注意点

キャッシングのシュミレーションを行う時に気をつけたいこととは一体何でしょうか。

キャッシングのシミュレーションをする場合、返済日の設定は重要です。最初から、月の何日に返済をするということが決定されているキャッシング会社があります。指定されている返済日を知らずに、自分の都合で返済日を入力してしまうことがあるのです。前提となる条件が違っていたために、シュミレーションの結果がずれてしまうケースもあります。

最近は借り入れしてから10日や2週間は利息がゼロとなるキャンペーンをしている金融会社があります。例えば、2週間のキャッシングを利用した場合、借入日を日数計算に含めるのか、返済日は日数計算に含めるのか、ちょっとした違いが最終的な返済金額に反映されていきます。

クレジットカードの支払をする場合は、決済日がいつかをチェックしておくことが大事です。場合によっては、実際についた利息と、シュミレーションで計算した利息の間にのズレが、見過ごせないくらい大きいこともあります。ほとんどは引き落とし日を知らなかったことに起因している事が多いのです。

簡単にシュミレーションができることでキャッシングがしやすくなったことは事実ですが、シュミレーションの結果が異なる可能性も考慮する必要があります。自分ではキャッシングのシュミレーションによって、翌月決済のつもりが、実際は翌々月の支払いになってしまっていたということも考えられるので、気を付けるようにしましょう。
posted by マナ at 16:25| Comment(0) | キャッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

キャッシングシュミレーションの重要さ

キャッシングのシュミレーションが大事なのはどうしてでしょう。月々の返済負担が、シュミレーションをすればきちんとわかります。シュミレーションは、小口の融資を短期でしか借りない人ならなくても大丈夫です。キャッシングがいくつもあり月々の返済金額が多い人は、特にシュミレーションをして毎月の支払い金額をきちんと把握しておく必要があります。

金利や返済回数だけではわからない、返済方式が金額にどう反映されるかは、シュミレーションで計算しましょう。あまり知られていない事かも知れません。2つの金融会社のシュミレーションを同じ条件で行ったはずなのに、返済総額に差が出る場合があるようです。これは、返済方式に差があるため、シュミレーションにそれが反映されたものです。返済のパターンには幾つかあり、元金定額、元利定額、元金定率、残高スライド等が存在します。

金融会社によって適用されている返済方式が違うと、毎月の支払い金額どころか、返済総額も大分変わってきます。シュミレーションをした結果と、現実の結果が違っていたため、もくろみが外れたという人もいます。キャッシングをする際はそれぞれの金融会社のサイトで必ずキャッシングシュミレーションをして金額を確かめることが大切になります。
posted by マナ at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。