2013年01月30日

為替情報の活用術と注意点

近年では、為替に関する情報を得たければネット検索をすればある程度は入手できます。相場の値動きや日経平均株価を、いつでもどこからでもチェックできるようになり、大変便利になっています。

証券取引がネット操作でできるようになったことからコストパフォーマンスもよくなり、個人投資家も増加しています。どんな人でも為替取引ができるようになったことから、現状のリスクをしっかり分析することが重要になってきているようです。自分のお金を使って投資を行う以上、正しい情報に基づいた適切な判断をすることが必要です。インターネット取引が可能な証券会社に口座を開く場合は、為替に関する情報が行き届いているところを探すことが大事です。現在、市場で何が起きているかを適切に捉えることができるような情報があるところがいいでしょう。

これをすれば投資は絶対に大丈夫というものはありませんが、ファイナンス理論などを知っておくことで対策が立てやすくなります。世の中の動きは、自分にとって望ましいことばかりということはありえないと理解しておきましょう。相場や株式では、公表された情報は即座に相場の動きになって現れます。ファイナンス理論の基本は、どんなに確実性の高い予測を立てても、絶対は起こらないというものです。為替情報をファイナンス理論に基づいて運用することができれば、取引で大きな失敗をすることはないと考えられます。
posted by マナ at 09:00| Comment(0) | 為替情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

為替の限られた情報を得る

多くの人は、多角度からの為替情報を得て、FX取引に役立てたいと思っているようです。FX会社に口座を開けば、最低限の情報はすぐに手に入るものです。情報によっては、あるFX会社でなければわからないというものもあります。口座を開いていなければお金を払わなければ見ることができないような情報が、口座を開くだけですぐに手に入るというところもあります。有用な情報を配信しているFX会社の口座を優先して開設していくという方法もあるでしょう。FX会社のディーラーや、トレーダーの経済分析が定期的に掲載されるFX会社もあります。

プロのディーラーの言葉だから全てが信じられるということはないですが、初心者には気づけないような視点をプロの目で指摘してもらえることもあります。過去の相場の動きと照合して、重要なタイミングを教えてくれるような為替予想ツールも存在しています。為替予想ツールなら、これまでどんな値動きをしたかに基づき、コンピューターに将来的な予測を立ててもらえます。統計的なデータによって結果が出ますので、判断に迷ったり、思い掛けない相場の動きに直面した時などに使ってみるといいでしょう。これ以外にも、為替の分析レポートで今までの値動きをおさらいしたり、セミナーに足を運ぶことで初心者が行うFXの心得などを知ることができます。複数のFX会社の口座を開設しておくことで、多様な為替に関する情報を入手することが可能です。
posted by マナ at 23:23| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

為替情報を活用してFXで儲ける

FXとは外国為替証拠品取引といい、為替レートの変動を利用して資産の運用するのです。FXの情報はどのようにして手に入れるのでしょう。

情報源としてよく使うのは、FX会社の提供する情報です。また、ネットでチャート表の分析をしてくれるツールなどもあるといいます。これまでのデータと現在のデータを比較し、今後為替レートがどんなふうに変わっていくかを知るというものです。FX会社の配信する情報からは、今後の値動きに関する重要な情報や、現在のチャート分析の結果などが得られます。為替に関する情報は、口座を開くだけでほとんどが閲覧可能になります。売買のチャンスを知りたい時や、急激に相場が動いて新しい情報を欲している時などは、それらの情報が頼りになります。

多くの場合、FX会社は相場の動きに影響がありそうな経済金融関係のニュースを配信しています。為替に関するニュースを利用して、相場の動きを予想しましょう。現在の相場の様子が知りたいという人はマーケット情報を参考にしましょう。各通貨の値動きの様子が一目瞭然です。月々の経済指標を確認したいという場合は、経済指標カレンダーが役に立ちます。今までの経済指標と為替レートとの関係を把握することで、これからの変動が予想できるでしょう。FXで取り返しのつかないミスをしないためにも、為替情報は大事にしてください。
posted by マナ at 15:56| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

外国為替市場の参加者

外国為替市場は実在しない市場ですが、では、その市場で取引をしている人とは誰でしょう。為替ブローカーやヘッジファンドは常に外国為替市場に参加していますし、金融機関や一般企業だけでなく個人もいます。ただし、参加する立場によって取引の市場は違います。大きく分けてインターバンク市場と対顧客市場とがあります。

為替ブローカー、日本銀行、証券会社や銀行関係、日本銀行は外国為替市場のインターバンク市場で取引をしています。外国為替の取引では大きな影響を有しているところばかりです。対顧客市場には、個人や企業まで色々な人が参加しています。一般の人から投資家まで、多くの人がいるようです。外国為替市場に参加する人の目的は大別にして2種類です。投機筋と呼ばれる為替差益を目的とする人達と、商売の一環としている人達です。差益を目的にする人達とは投資家や金融機関で、輸出入を取り扱う業者はビジネスが目的です。

外国為替市場には、マーケットメーカーとまーけっとゆーざーとがいます。為替レートの値段をつける人達と、それを利用して取引をする人達です。銀行やFX企業がマーケットメーカーであり、それ以外の人達のことをマーケットユーザーといいます。外国為替市場に参加している人達を見れば、いかに大規模な取引をしているかがわかります。
posted by マナ at 17:38| Comment(0) | 外国為替市場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

外国為替市場の取引時間と季節要因

外国為替市場は24時間いつでも開いており、為替レートは常に動いていると言われていますが、どうしてそんな状態になるのでしょう。

平日であれば必ずどこかの市場が開いていますが、一口に開いているといっても取引量には波があります。各国の市場は、その国の時間に応じて開き、閉じています。時差によって開く時間帯に差があるため、どこかが閉じている時はどこかが開いています。市場の開く時間は、夏時間と冬時間があります。夏時間は午前5時〜午前6時までとなります。冬はそれぞれ1時間遅くなるという仕組みです。

世界の取引市場が開く順番は、ウェリントン、シドニー、東京、香港・シンガポール、フランクフルト、ロンドン、ニューヨークです。ウィークディは常に開設している外国為替市場ですが、各国の祝日や行事など、特定の出来事に取引量が左右されることもあります。ヨーロッパやアメリカの企業は、1月から2月にかけて取引が多くなることがあります。春先の4月と5月は、東京市場の動きが盛んです。日本では年度始まりであり、ゴールデンウィーンの月でもあります。逆に、8月のお盆時期には取引量が減る傾向があります。常に開いていることには違いはありませんが、外国為替市場は季節の変化や各国の事情も把握しておくと便利です。
ラベル:外国為替市場
posted by マナ at 14:02| Comment(0) | 外国為替市場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。