2013年05月08日

為替スワップとは

外国為替取引には直物と先物の取引以外に、スワップという取引形態があります。外国為替のスワップ取引とは、一体どんなものを指すのでしょう。

外国為替取引はマーケットが開いている間は常に行われていますが、そこでの約半数はスワップ取引です。スワップ取引を行う場合、複数の取引を合わせて同時に行います。

同じ先物でも期日が違うものや、直物と先物など条件の違う物同士となります。スワップ取引とは、もともとは外貨を調達するために行われていました。

円とドルによるスワップ取引を行うとどうなるでしょうか。資金決済日が2営業日後のドル買い円売りの場合には、2営業日後には円を支払い、代わりにドルを受け取ることになります。

今度は資金決済日が1か月先のドル売り円買いの取引の期日が来ることになり、ドルを支払い円を受け取ります。

期間を区切ってドルを持っていたいという場合、このような取引は意味があります。通貨にはそれぞれ金利が設定されています。もしもドルが金利6%、円が金利1%だった場合、ドルを持ってるほうが多く金利が入ります。

金利分は、スワップ取引の中で調節できるよう金額が設定されています。高い金利を手放しても、金利差分の損が出ないようにしているわけです。

この時に生じるスワップよる価格差が、スワップポイントとなります。為替スワップ取引は、売り買いを同時に行うものなので、為替リスクが発生しないのも特徴です。
posted by マナ at 10:17| Comment(0) | 為替スワップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。