2012年10月16日

キャッシング限度額の引き下げ

高ければいいというものではないのが、キャッシングの限度額です。気持ちが大きくなってささいな理由で借りてしまいがちになるのが、本当に必要な金額よりたくさん借入ができる状況にいる場合です。

限度額をあえて低く設定することで、自己制御をしている人も多いといいます。キャッシングの限度額を低くしておくことで、カードの紛失などトラブルが発生した時の被害を最小限に留めることができます。電話などで金融会社に問い合わせることで手続きが可能で、増額より限度額の減額は簡単でしょう。クレジットカードを作った時に、キャッシング機能がついているのはよくある話です。防犯のためにも限度額を下げておくといいのが、使う予定のないキャッシング枠の場合です。

貸し倒れ問題の悪化などで、金融会社側から限度額の減額を申し出てくることが、最近ではあるようです。今までは減額はまず延滞さえしなければありませんでしたが、それ以外の点にも注意が必要なのが最近の傾向です。転職や転居の届け出をしていなかった場合や、他社での借入件数が増えている人は、限度額を減額されることがあるようです。金融会社側がとくに警戒するのが、借入件数を増やすことだそうです。キャッシングの件数を増やすくらいなら、限度額増額の相談をした方がいいかもしれません。
posted by マナ at 10:06| Comment(0) | キャッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。