2013年05月03日

公共料金のクレジットカード払い

公共料金の支払いをクレジットカードですることは、過去にはできなかったことです。国や自治体がクレジットカード会社の利益を上げることにつながることや、クレジットカードの手数料の問題などが心配されていたことが原因です。

最近は、利用者の利便性、回収率のアップのため、クレジットカードで公共料金払いができる自治体が増えています。各自治体によって支払いができるカテゴリーは違うようですが、一般的に固定電話、放送料金、電気、ガス、水道、などができると言われています。

クレジットカードで支払うことができるものには、新聞購読料、インターネットプロバイダ料金などもあるようです。公共料金をクレジットカードで払うことで払い込みの労力をカットできますし、うっかり払い忘れることもないでしょう。

プラスになるのは、クレジットカードのポイントを公共料金の支払いで増やすことができるということです。

毎月公共料金は必ず発生するものです。特にクレジットカードを使った決済をしていなくても、少しずつポイントを貯めることができます。

自分で家計を把握する場合に有り難いのは、クレジットカードの明細が公共料金の支払い履歴になることです。

最近増加しているのが、クレジットカードに申込みする時に公共料金の支払い手続きができる会社です。インターネット上の操作でクレジットカードの公共料金の支払い手続きができます。
posted by マナ at 11:24| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。