2013年05月20日

クレジットカードの支払方法

クレジットカードはほとんどの人が1枚は所有しているものですが、支払方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

大抵の人はクレジットカードを一括払いで利用しているようですが、この他にもクレジットカードの支払い手段はあります。

カードを使った翌月もしくは翌々月の支払日に、全て支払うというやり方が一括払いです。一括払いは、クレジットカードの返済の約9割を占めていると言われています。

リボルビング払いや分割払いで、カード決済をした分を支払う人もいます。分割払いは、月に一回の返済を3回、6回、15回のように複数回に分けて行うものです。

クレジットカード利用ごとに支払回数を指定できるのが特徴です。金利は支払回数に応じてつきます。クレジットカードの分割払いのメリットは、支払回数をその都度決められることです。

支払終了時期を把握しやすくなり、支払が長引かないのが良いところです。ただし、たくさん買い物をして、うっかり借り過ぎると、支払いが難しくなることがありますので注意が必要です。

事前に月々の支払い上限額を決めておき、それ以上の支払いは繰り越すのがリボルビング払いです。月々3万円までのリボ払いにしていれば、たとえ10万円の買い物をして、その後に15万円の買い物をしても、返済は月々3万円です。毎月一定金額以上の支出がないため、家計を立てやすくなります。

しかし、分割払いやリボルビング払いは結果的に利息が増えることになります。長い目で見れば、早く返済を済ませたほうが全体的な金額は安く済みますので、経済的な状況も考慮して、なるべく無理なお買い物は避けたほうが良いでしょう。

また、手元に自由に使えるお金があったり、すぐに引き出せる貯金があれば、返済に充てたほうがお得になるでしょう。手元にお金があったり、貯金があるほうが安心感があるかもしれませんが、貯金もほとんど利子が付きませんので、なるべく返済を早く済ませるように心がけましょう!
posted by マナ at 11:05| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。