2012年11月09日

キャッシングシュミレーションの重要さ

キャッシングのシュミレーションが大事なのはどうしてでしょう。月々の返済負担が、シュミレーションをすればきちんとわかります。シュミレーションは、小口の融資を短期でしか借りない人ならなくても大丈夫です。キャッシングがいくつもあり月々の返済金額が多い人は、特にシュミレーションをして毎月の支払い金額をきちんと把握しておく必要があります。

金利や返済回数だけではわからない、返済方式が金額にどう反映されるかは、シュミレーションで計算しましょう。あまり知られていない事かも知れません。2つの金融会社のシュミレーションを同じ条件で行ったはずなのに、返済総額に差が出る場合があるようです。これは、返済方式に差があるため、シュミレーションにそれが反映されたものです。返済のパターンには幾つかあり、元金定額、元利定額、元金定率、残高スライド等が存在します。

金融会社によって適用されている返済方式が違うと、毎月の支払い金額どころか、返済総額も大分変わってきます。シュミレーションをした結果と、現実の結果が違っていたため、もくろみが外れたという人もいます。キャッシングをする際はそれぞれの金融会社のサイトで必ずキャッシングシュミレーションをして金額を確かめることが大切になります。
posted by マナ at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

クレジットカード審査のスコアリングシステム

クレジットカードは、審査に通らなければ発行されないものです。審査の段階で断られれば、その人はクレジットカードの発行はされません。

審査では、スコアリングシステムという点数制度を利用して、クレジットカードが発行できるかを判断します。スコアリングシステムとは具体的にどのように行われるのでしょうか。独自の基準によって、顧客の勤続年数や年齢、性別、家族の内訳などを数字にします。過去のクレジット利用歴、個人信用情報機関への照合で得た他のクレジットカード会社での支払い状況などの項目もあります。これらはコンピューターに入力され、自動計算が行われます。例えば、居住については自分の家を持っている人が最も点数が高く、その次から家族の持つ家、社宅、アパート、マンションの順になります。審査では、個別の項目毎につけた点数を加算して、結果として出た数字でクレジットカードの発行を決定します。ランク分けの結果によってクレジットカード発行の可否が決定され、クレジットカードの限度額も決まるそうです。点数づけも、計算も、いずれも機械でできることがスコアリングシステムの長所です。クレジットカードの審査には、きちんとした基準があり、公平に評価されていることが分ります。
posted by マナ at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。