2013年03月27日

無利息で借りることの出来るキャッシングサービス

キャッシングサービスの中には、金利0%で借り入れが可能なものもあるそうです。借りた金額と同じ金額を返済すればいいので、実質的な出費はありません。

金融会社の収入源は利息ですから、会社側に利益が無いようにも、金利ゼロでのキャッシングサービスでは見えるのではないでしょうか。

キャッシングサービスの中でも金利0%の目的は、顧客にキャッシングの申込みをしてもらうことです。何回でもキャッシングは限度額以内であれば融資利用することが可能です。一回契約を結んでしまえば、借入手続きが一気に簡単になるのです。

ほとんどの場合、無利息キャッシングには条件が設定されているようです。無利息のキャッシングサービスが出始めたばかりの頃は、新規契約のみ一週間という制限がついていたようです。

最近は、設定の範囲内であれば借入期間を30日間のみと短期間に設定した上で、無利息という金融会社も存在しています。

いずれの場合もお得な融資を、使い方次第で受けることが可能になります。キャッシングサービスを無利息で行っている金融会社の多くは消費者金融系で、ほんとど銀行系にはないようです。

会社によって無利息のキャッシングサービスの条件は違うので、手続き時にはよく確認することが大切です。
posted by マナ at 10:49| Comment(0) | キャッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

キャッシングのサービスとは

個人に対して銀行などの金融機関が利息を得る目的で小口の融資を行うのが、キャッシングサービスという金融サービスです。

キャッシングは担保や保証人を必要とせず、限度額の範囲内でなら何度でも借入が可能です。実際にキャッシングを利用するには、サービスを扱っている金融機関に申し込みをしましょう。

さまざまな系列がキャッシング会社にはあり、銀行系、消費者金融系、信販系などに分かれています。キャッシングサービスの金利や限度額などの内容がそれぞれ違います。

店頭窓口や無人契約機、ネットの送信フォームからキャッシングの申込みをすることができます。返済能力や信用度を判断するのが金融会社で、申込み者の審査を行うようです。

キャッシングカードは、一定の返済能力があると見なされると、発行されるといいます。カードを現金自動支払機やATMで用いることで、お金の貸し借りができるようになるものが最近のキャッシングサービスです。

近頃の傾向として、キャッシングは申込みが簡単で、審査に時間がかからないといいます。手軽に借入ができることから、つい借りすぎてしまう人が少なくありません。

借入した時に決めた金額を、毎月1度、少しずつ返済していくことになるようです。万が一支払いが遅れると延滞料が発生する上、記録がキャッシング履歴に記載されてしまいます。

以後の新規キャッシングサービスが受けづらくなるので、返済時には注意が必要です。
posted by マナ at 10:02| Comment(0) | キャッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

収入があれば主婦でもキャッシングができる

キャッシング条件が主婦にとってきつくなったのは本当ですが、可能生がゼロになったということではありません。

では、どういった点に気を配ると、主婦がキャッシングできるのでしょう。無収入の専業主婦は、ャッシングができる見込みはゼロに等しいと考えられがちです。

しかし、融資ができる金融会社は案外多いようです。キャッシング会社の審査の内容は、各金融会社によって異なっています。

この審査を通過すれば、主婦でもお金を借りることができます。多くの場合、毎月得られる収入が一定水準をクリアしているかどうかが着眼点になります。

金融会社は返済が可能な人にだけ貸したいわけですから、収入がない主婦にとっては厳しい状況であるとはいえるでしょう。

パートやアルバイトの収入であっても、月々一定額の収入がある人なら、キャッシングができるようです。具体的な審査の基準はキャッシング会社によって異なりますので、一社でだめだったとしても他社で通るかもしれません。

このごろは、クレジットカードにキャッシング機能を付帯することも主婦には難しいようです。夫に秘密でキャッシングを利用しようとしても、専業主婦はなかなか審査には通らないといいます。
posted by マナ at 08:27| Comment(0) | キャッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

主婦がキャッシングするには

主婦がキャッシングの申し込みをした場合でも、かつての貸金業法ならは審査には通りました。自身が無収入だった場合でも、夫の仕事先や勤続年数、収入を申込用紙に書き込むことで、普通にキャッシング審査が受けられました。

主婦のキャッシングは、貸金業法が見直された現在でも、いくつかの手続を経ることで融資は可能です。法律改正により、年収の3分の1がキャッシングの利用上限額になりました。

ですが、夫婦の年収として、配偶者の年収を申し込み用紙に書き、その1/3を上限額に借り入れることが可能です。キャッシングを配偶者貸付け扱いにして、主婦が融資を受けるというものです。

また、夫の同意書や結婚していることを示す書類、住民票がなければ配偶者貸付制度を使うことはできません。つまり、夫に秘密でのキャッシングは不可能です。

会社によっては、配偶者貸付は事前の手続が増えて処理に手間がかかることから、主婦は利用不可としている場合もあります。

キャッシングができないわけではありませんが、専業主婦のキャッシングは難しいようです。融資を希望する際にすべきことは何でしょう。

キャッシングほどバッとお金を借りることはできませんが、銀行からお金を借りるというやり方は可能です。生活費が足りないからとちょっとキャッシングをという使い方はもうできませが、主婦にとってはむしろそれでいいのかもしれません。
posted by マナ at 10:15| Comment(0) | キャッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

主婦によるキャッシング利用

法律が改正されたら、主婦がキャッシングを使うことはできなくなるという予測もありました。貸金業法が見直されたのは、その少し後のことです。

一足早く主婦のキャッシングにストップをかけて、貸金業法が変わった時の対策を取っていたという金融会社も存在していました。結局、貸金業法の改正とは、どういった内容だったのでしょう。

月々の収入で家計をまかなうことは、時には難しいこともあります。今の主婦でも昔の主婦でも、給料日目前に生活費が枯渇することがあります。

無収入の主婦がキャッシング会社からお金を借りようとする場合、貸金業が変わったことでしなければならないプロセスがふえました。自分の収入を示すことができない代わりに、夫の婚姻を示す書類と共に、収入がわかる書類と同意書が必要です。

これで、主婦のキャッシングには夫の合意が必要ということになりました。また、いわゆるグレーゾーン金利がなくなり、金利は20.2%以上に設定してはいけないことになりました。

そして、年収の3分の1を超える金額を融資で受けることが、法律違反ともなりました。金利が一定水準以上で頭打ちになるのは、キャッシングする側からすれば歓迎すべきことです。

収入によっては小口の融資しか受けられなくなった人や、旦那さんに言わずにお金を借りたかったため不便を感じている人もいます。
posted by マナ at 10:31| Comment(0) | キャッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。