2013年05月20日

クレジットカードの支払方法

クレジットカードはほとんどの人が1枚は所有しているものですが、支払方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

大抵の人はクレジットカードを一括払いで利用しているようですが、この他にもクレジットカードの支払い手段はあります。

カードを使った翌月もしくは翌々月の支払日に、全て支払うというやり方が一括払いです。一括払いは、クレジットカードの返済の約9割を占めていると言われています。

リボルビング払いや分割払いで、カード決済をした分を支払う人もいます。分割払いは、月に一回の返済を3回、6回、15回のように複数回に分けて行うものです。

クレジットカード利用ごとに支払回数を指定できるのが特徴です。金利は支払回数に応じてつきます。クレジットカードの分割払いのメリットは、支払回数をその都度決められることです。

支払終了時期を把握しやすくなり、支払が長引かないのが良いところです。ただし、たくさん買い物をして、うっかり借り過ぎると、支払いが難しくなることがありますので注意が必要です。

事前に月々の支払い上限額を決めておき、それ以上の支払いは繰り越すのがリボルビング払いです。月々3万円までのリボ払いにしていれば、たとえ10万円の買い物をして、その後に15万円の買い物をしても、返済は月々3万円です。毎月一定金額以上の支出がないため、家計を立てやすくなります。

しかし、分割払いやリボルビング払いは結果的に利息が増えることになります。長い目で見れば、早く返済を済ませたほうが全体的な金額は安く済みますので、経済的な状況も考慮して、なるべく無理なお買い物は避けたほうが良いでしょう。

また、手元に自由に使えるお金があったり、すぐに引き出せる貯金があれば、返済に充てたほうがお得になるでしょう。手元にお金があったり、貯金があるほうが安心感があるかもしれませんが、貯金もほとんど利子が付きませんので、なるべく返済を早く済ませるように心がけましょう!
posted by マナ at 11:05| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

クレジットカードの支払い方法

1回で支払うか、分割して支払うかの方法が、クレジットカードの支払い方法は大別するとあるようです。翌月あるいは翌々月に一回で全額支払うというものが、一回で支払う方法でマンスリークリアとも呼ばれています。

金利がかかりませんが、クレジットカードを一括払いで支払うと割賦販売法が適用されません。抗弁権という何か困ったことがカード会社との間に起きた場合に、返済を途中で止めるという権利を行使できません。

クレジットカードの支払いをいくつかの回数に分けて払うことを分割払いと言います。分割払いと言えないのは、2回払いやボーナス払いの場合です。

1ヶ月当たりの返済の負担額を少なくすることができますが、金利に基づく手数料が必要となります。分割払いで大変なのは、月々の支払いが重なるとかなりの返済額になってしまうことです。

対応する方法として、リボルビング払いというクレジットカードの返済方法がおすすめです。どれだけショッピングをしても、月々の請求額は、限度額内までなら、一定の金額より上にはならない方法です。ただし、借入額が多くなると返済がいつまでも終わらないという事態になります。

残高スライド式のリボルビング払いとし、毎月の返済額が返済残高によって少しずつ上がるものもクレジットカード会社の中にはあります。

自分ではあまりわかっていないうちにクレジットカードを使い過ぎてしまうことが、月々の返済負担は楽になるとはいえあるようです。どの程度クレジットカード利用額を支払うことになるか承知してから、使用するようにしたほうが良いでしょう。
posted by マナ at 10:54| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

公共料金のクレジットカード払い

公共料金の支払いをクレジットカードですることは、過去にはできなかったことです。国や自治体がクレジットカード会社の利益を上げることにつながることや、クレジットカードの手数料の問題などが心配されていたことが原因です。

最近は、利用者の利便性、回収率のアップのため、クレジットカードで公共料金払いができる自治体が増えています。各自治体によって支払いができるカテゴリーは違うようですが、一般的に固定電話、放送料金、電気、ガス、水道、などができると言われています。

クレジットカードで支払うことができるものには、新聞購読料、インターネットプロバイダ料金などもあるようです。公共料金をクレジットカードで払うことで払い込みの労力をカットできますし、うっかり払い忘れることもないでしょう。

プラスになるのは、クレジットカードのポイントを公共料金の支払いで増やすことができるということです。

毎月公共料金は必ず発生するものです。特にクレジットカードを使った決済をしていなくても、少しずつポイントを貯めることができます。

自分で家計を把握する場合に有り難いのは、クレジットカードの明細が公共料金の支払い履歴になることです。

最近増加しているのが、クレジットカードに申込みする時に公共料金の支払い手続きができる会社です。インターネット上の操作でクレジットカードの公共料金の支払い手続きができます。
posted by マナ at 11:24| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

クレジットカードでキャッシングするメリット

いつの間にかとても身近な存在になったクレジットカード。近頃のクレジットカードは、キャッシング枠がついているものが多いようです。

クレジットカードでキャッシング利用することの利点は、果たしてどのようなものでしょう。特に旅行や留学などで海外に滞在する時には、クレジットカードを持参する人が多いと思います。

海外旅行先で手持ちの現金が少なくなった時などは、日本のATMのように手軽に現金を引き出すことは困難です。そんな時に役立つのが、海外でも使えるキャッシングサービスです。

現地の通貨でキャッシングをすることができます。日割での利息がつきますが、返済時の為替レートで借りたお金を返せば良いので、とても便利です。

円高の時は、旅行先の通貨が借りられるので助かります。国際クレジットカードにキャッシング機能がついているため、旅行先でも安心して融資を受けることができます。

海外へ行く場合にはクレジットカードを必ず作っておきましょう。日本国内で、銀行やコンビニのATMからお金をおろす時と同じような手数料で、海外でお金を借りることができます。

現地通貨でキャッシング融資が受けられれば、そのまま使えて換金の手間も省けます。クレジットカードのキャッシングを利用しながら、海外旅行を楽しむことができます。
posted by マナ at 10:43| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

クレジットカードのキャッシング枠について

クレジットカードはキャッシングにも利用でき、多くの人が1枚は持っているようです。キャッシング枠やカードローン枠が設定されているクレジットカードは今や珍しくありません。

キャッシングカードとしては使う気がないという人もいるようです。使わない人はクレジットカードのキャッシング機能は、カードを盗難した時や落とした時のために利用枠をゼロにしておくのもおすすめです。

クレジットカードのキャッシング枠を取り払うにはどうすれば良いでしょう。インターネット上での手続きは難しいですが、クレジットカード作成時に申請するという方法があります。

多くのクレジットカード会社は、キャッシング機能を付けないクレジットカードを出してくれます。もしもクレジットカードを窓口で発行してもらう時は、キャッシング枠を外して欲しいことを言いましょう。

書類を郵送する必要がある時は、メモを付けるという方法があります。すでにキャッシング機能の付いたクレジットカードを持っているという人は、カード会社に電話して外してもらいましょう。

キャッシング枠を外しておけば、カードをなくしてしまってもリスクを低く抑えられるでしょう。新しいクレジットカードやローンを組む時の審査も楽になるでしょう。

キャッシング機能を使う予定はないならば、クレジットカードのキャッシング機能を外したほうがメリットが多いと言えます。ただし、いざという時のためにキャッシング機能も付けておきたいという場合は、付けても良いかもしれません。
posted by マナ at 10:35| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。