2013年04月23日

為替レートの推移と政治

近年あった衆議院の解散と総選挙など、政治的な動向が引き金となって為替レートが大幅に推移したことがあります。

為替レートは、総選挙後に大幅に上昇しました。この頃はその上昇もストップし、しばらく横ばいでしたが、今は円安方向です。

一般的に上昇した後は、下落という風に思いがちですが、単純な動きはしないのが為替レートです。政治が絡むと、上昇するか、下降するかは曖昧なものです。

総選挙の後は新たな政治改革や法案が通るなど、政治面からの経済へのアプローチが大きく変動することになります。国の経済への影響は予測しづらいものです。先行き不透明だと、為替レートは保ち合い局面に入ることも少なくありません。

わずかな上下推移をしつつ、均衡が取れているように見えます。為替レートの推移に影響を与えるのは、国内の政治情勢だけではありません。アメリカの大統領選、ユーロ安、中国や韓国との関係も関わりがあります。

取引為替レート、つまり対ユーロ、対ドル、対ウォンなど、通貨によってもどこを見るかは変わってきます。相手国と政治的、経済的にどのような関係があるものなのか、第三国の動向はどうかなどで為替レートは推移します。

リーマンショックが起きてから、全世界的な経済不況が継続しています。遠い外国の出来事が、日本の経済に多大な影響を与えます。為替レートの推移を知る時には、現在進行形で世界に何が起きているか、国内政治はどこに向かっているかも知ることです。
posted by マナ at 10:43| Comment(0) | 為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

為替レートの推移とチャート

為替チャートは、為替レートがどのように推移しているかを可視化したものです。為替レートの値動きをローソク足という長方形で表したものが、ローソク足チャートです。

チャートはレートの推移と同じように、為替レートの強弱をみることができます。為替チャートは、外貨を売る人や買う人、投資家の動きや政府の政策などが形になって表れますので、結果的な為替レートの推移がわかります。

ローソク足チャートは、時間単位ごとの始値、終値、高値、安値のそれぞれを1つのローソクの形で表現することで、4つの値を示します。

ローソク足チャートでは、上下にヒゲと呼ばれる部分が伸びており、その長さにも意味があります。一時的に値が上がったけれど、すぐに下がった場合は長い上ひげになります。下ひげが長く伸びている場合は、反対に一旦は下がった数字がまた上がっていることになります。

他にもローソクの見方はたくさんあります。チャートの見方をきちんと習得する事が、為替取引によって利益を得る為には必要です。

過去の為替の値動きについてより深く知りたい場合は、過去にあった経済的な出来事を含めてチャートを見ると良いでしょう。例えばリーマンショック前後の為替レートの推移は、大きな変動を見せています。

じっくりと過去の為替レートの推移を追いたいという場合は、為替の動向と国家間の動きを合わせながら考えてみましょう。
posted by マナ at 10:23| Comment(0) | 為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

為替レートの推移

常にレートが変動している為替相場ですが、為替レートの推移を知るには、月ごと、日ごと、分ごとなどのチャート表が用いられます。

為替レートは、どのような仕組みで推移しているものでしょうか。為替レートというのは外国為替の取引の際に、外貨との交換レートの事です。取引に際しては、為替レートに基づいての売買になります。

為替レートは、外国為替取引市場が開いている間は常に変動していますので、24時間いつでも動き続けています。時々刻々と為替レートが推移していることを利用して、外国為替の売買で利益を得るという仕組みです。

資金が五万円あった場合、1ドル100円でドルを買うという状況を考えます。その後、為替レートが推移して1ドル120円になった場合、ドルに買えていた分を円に戻してみます。

6万円になるので、1万円の為替差益が生まれたと言う事になります。各国の取引などで、為替レートは常時変動を続けています。レートの推移を予測しながら、売買取引を行います。とはいえ、為替レートを表すチャート表を見るだけで、将来的な値動きが全てわかるという人はいません。

為替差益を確保するためには、為替レートの推移を予測するために、チャート表の分析だけでなく国情や景気の動向を知ることです。
posted by マナ at 10:16| Comment(0) | 為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

為替レートが円安になった時のメリットとデメリット

円安になると、日本経済にはどんな影響が及ぶのでしょうか。円安になると、海外への輸出産業が有利になるといいます。今までと同じ金額でものを販売しても、円安になれば海外での販売価格は安くなります。それだけ国内産業の競争力が高まることになります。

円安になると輸出企業は生産の増加に伴い、雇用や賃金の環境が良くなります。株相場も上昇局面に入ります。海外の投資家は資金を日本円に注ぎ込み、円安のうちにと様々な株の銘柄を買い込む動きに移ります。

株が上がれば企業も様々な活動ができるようになります。しかし、円安であることは良いことばかりではありません。輸入業は、円安でマイナスの影響を受けます。売上げを維持するには価格を上げるしかありません。

海外から物を購入する時の金額が上がるため、原油の仕入れ価格が上昇します。その影響でガソリンや灯油が高くなり、電気やガスも値上がりします。

円安が進むと輸入品の価格が上昇するので国内生産の商品も一緒に上昇してしまいます。商品価格が上がれば物が売れづらくなり、国内の消費が下がる要因になります。物が高くなれば、買う側も必要最低限以外の買い物を控えようとするでしょう。

円安は良い点だけでなく、欠点もあることを踏まえて為替を見る必要があるでしょう。
posted by マナ at 09:24| Comment(0) | 為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

為替レートが円高になった時のメリットとデメリット

インターネット・テレビ・新聞などで円高や円安という話題を見ることがありますが、円高とはどういった状態でしょう。

円高になると、原油の仕入値が安くなります。原油自体の価格は変わらなくても、為替の影響で変わります。原油の仕入れ値が安くなるということは、ガソリンや灯油の価格が安くなります。その結果、ガスや電気のようなエネルギーが全体的に低価格になるわけです。

円高になると、海外旅行先でもお得な値段でのショッピングが楽しめます。1ドル=200円なら10万円で500ドル相当の買い物しかできませんが、1ドル=100円なら1000ドルぶんの買い物ができます。

輸入商品を仕入れるためのお金が少なく済むことも、円高の特徴です。仕入れに必要な資金が下がれば、価格も低く抑えられます。小売店舗が円高セールをすれば、消費者が購入する商品の価格も下がりますので、経済が活発になります。

一方、為替が円高になることでマイナスの影響もあります。輸入が安くなる反面、輸出が高くなります。国内で生産するコストは高くなるので輸入国との製品価格が不利な方向に働き、売上が減少します。輸出企業の業績は悪化し、株価全体も悪影響を受けます。

日本の株価が下がりそうだということになれば、海外から投資をしていた投資家も損が膨らむ前に海外資金を引き上げます。結果的に、海外の投資家が日本円から資金を指導させることで、円高がストップするわけです。

円高、円安それぞれに国内の輸出、輸入産業への影響は大きいことを理解しつつ為替をチェックしてください。
posted by マナ at 10:01| Comment(0) | 為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。