2013年04月14日

外国為替市場と取引形態

幾つかの取引の形が外国為替市場に存在します。スポットと言われる現時点で通貨の交換を行う直物がひとつ。この他には、フォーワードという今ではなく少し先の売買をするというものです。

その他にはスワップというものがあります。直物と先物との組み合わせや、先物と先物との組み合わせで取引を成立させる為替スワップという方法もあり、組み合わせ方は色々なものがあります。

スワップ取引というのは、外国為替市場の中で、一番多い取引の形態で、全体の半数以上を占めています。為替ディーラーとは別に、スワップディーラーがいる銀行も珍しくありません。カバー取引や収益獲得をする為のスワップディーリングという直物と先物を組み合わせた取引などを行っています。

銀行は、外貨の形で融資を行う必要があった時に、それだけでは意味のないスワップディーリングをすることがあります。それぞれが各自のポジションを利用して取引を行うことのが、外国為替証拠金取引の特性です。

為替取引で使われている基本的な用語や用法を理解しておくことで、外国為替市場の取引が円滑に進められます。銀行や外国為替の仲介業者などのサイトに書いてある用語集を読んだり、取引シュミレーションを利用して外国為替市場の取引に慣れる事が必要です。
posted by マナ at 20:14| Comment(0) | 外国為替市場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

外国為替市場と為替レート

外貨取引は外国為替市場で常に行われており、その取引内容に基づいて取引額は変わっています。外国為替レートの変動の基本は、外国為替を買いたいという言う人が売りたいと言う人よりも多ければ、価格は上昇します。

必要とされない通貨ほど、価値が低い通貨と見なされるのです。為替レートは外国為替市場で決定されるため、世界各地の政府や銀行は取引に参加することでレートに影響を及ぼしているわけです。

幾つもの要素を包括した上で、為替レートは決まっています。外国為替のレートの変動の要因となるものは、各国の金融通貨に対する政策です。

近年の象徴的な出来事といえば、韓国のスワップ拡充分がなくなってしまったことがあります。2カ国間の通貨スワップの他にも、いろいろな通貨政策というのがあります。

各国の経済の動きや今後の景気の予測なども、公開市場操作、預貯金準備率操作、公定歩合の引き下げや引き上げから推測することが可能です。

政府の重要人物や金融関係の重要人物の発表やコメントによって為替が大きく動くのは見慣れた情景でもあり、為替と金融政策との関係は大きいものです。各国通貨が取引されている場所が外国為替市場です。

外国為替市場ではいろいろな国の財産の価値やその国と他の国を比較してどのぐらいの価値があるかなどが示されるわけです。
posted by マナ at 11:16| Comment(0) | 外国為替市場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

外国為替市場について

外国為替市場とは、Foreign Exchange Marketと英語では表記されます。この言葉は外国為替の取引が行なわれるところをまとめて呼んだもので、外為市場と略すこともあります。

市場という言葉からは、どこか広い場所に集まって取引を交わすような印象を受けます。実際には、外国為替を売買できる銀行での直接の取引や、電話やインターネットなどの電子機器を通じて仲介をしてくれる業者を通して取引が行なわれています。

為替取引を行なっているもの同士が作るネットワークを総称して、外国為替市場と呼んでいます。外国為替市場は、ロンドン、ニューヨーク、シンガポール、チューリッヒ、フランクフルト、香港、東京など、世界の主要な都市をつないで開かれています。

世界中の外国為替市場は24時間稼動していて、いつでも、どこでも取引できるのです。外国為替市場においては、どのような取引をするのでしょうか。

外国為替という名前が示すとおり、外国為替市場では別々の国の通貨を交換するということが行なわれています。

例として円とドルの取引を考えた場合、アメリカから品物を買い入れる際の支払いに外国為替取引が関係してきます。

ドルに対する円のレートが1円高くなった場合、最終的に支払う円の金額は少なくなります。外国為替市場で決まる為替レートは24時間休むことなく上下動しています。

市場に関係する銀行や投資家のほか、輸出入関連の企業などもレートには関心を払っているのです。
posted by マナ at 16:18| Comment(0) | 外国為替市場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

外国為替市場の参加者

外国為替市場は実在しない市場ですが、では、その市場で取引をしている人とは誰でしょう。為替ブローカーやヘッジファンドは常に外国為替市場に参加していますし、金融機関や一般企業だけでなく個人もいます。ただし、参加する立場によって取引の市場は違います。大きく分けてインターバンク市場と対顧客市場とがあります。

為替ブローカー、日本銀行、証券会社や銀行関係、日本銀行は外国為替市場のインターバンク市場で取引をしています。外国為替の取引では大きな影響を有しているところばかりです。対顧客市場には、個人や企業まで色々な人が参加しています。一般の人から投資家まで、多くの人がいるようです。外国為替市場に参加する人の目的は大別にして2種類です。投機筋と呼ばれる為替差益を目的とする人達と、商売の一環としている人達です。差益を目的にする人達とは投資家や金融機関で、輸出入を取り扱う業者はビジネスが目的です。

外国為替市場には、マーケットメーカーとまーけっとゆーざーとがいます。為替レートの値段をつける人達と、それを利用して取引をする人達です。銀行やFX企業がマーケットメーカーであり、それ以外の人達のことをマーケットユーザーといいます。外国為替市場に参加している人達を見れば、いかに大規模な取引をしているかがわかります。
posted by マナ at 17:38| Comment(0) | 外国為替市場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

外国為替市場の取引時間と季節要因

外国為替市場は24時間いつでも開いており、為替レートは常に動いていると言われていますが、どうしてそんな状態になるのでしょう。

平日であれば必ずどこかの市場が開いていますが、一口に開いているといっても取引量には波があります。各国の市場は、その国の時間に応じて開き、閉じています。時差によって開く時間帯に差があるため、どこかが閉じている時はどこかが開いています。市場の開く時間は、夏時間と冬時間があります。夏時間は午前5時〜午前6時までとなります。冬はそれぞれ1時間遅くなるという仕組みです。

世界の取引市場が開く順番は、ウェリントン、シドニー、東京、香港・シンガポール、フランクフルト、ロンドン、ニューヨークです。ウィークディは常に開設している外国為替市場ですが、各国の祝日や行事など、特定の出来事に取引量が左右されることもあります。ヨーロッパやアメリカの企業は、1月から2月にかけて取引が多くなることがあります。春先の4月と5月は、東京市場の動きが盛んです。日本では年度始まりであり、ゴールデンウィーンの月でもあります。逆に、8月のお盆時期には取引量が減る傾向があります。常に開いていることには違いはありませんが、外国為替市場は季節の変化や各国の事情も把握しておくと便利です。
ラベル:外国為替市場
posted by マナ at 14:02| Comment(0) | 外国為替市場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。