2013年05月19日

クレジット契約と支払い方法

クレジット契約の支払い方法にはいくつかあります。リボルビング払い、一括払い、分割払いといった返済方法が、クレジット契約にはあります。

次の支払日で、決済額を全額払うのが一括払いの返済方法です。何回も分けて支払うのが大変だという人や、今だけお金がないという人には使いやすい仕組みです。

分割払いは、何回かに分けて、決まった金額を月々支払っていくことで返済します。支払い金額や終了時期などがわかりやすいクレジットの契約方法です。

毎月の支払い金額がはっきりしているので、余裕がある時にはつい使い過ぎてしまうこともありますので注意が必要です。

分割払いに近い返済方法にリボ払いがあります。数回に分けて返済していきますが、毎月の返済金額が決まっています。

これまでの返済総額が確認しづらいというデメリットがあります。多くの場合、リボ払いは金利が高くなっています。

クレジット契約でリボ払いを使う時は、金利が何%かをよくチェックしておく必要があります。可能ならリボ払いはせずに、他の返済方法を選択した方が、結果的に利息が少なくできます。

クレジット契約の支払い方法もいくつかありますので、無理のない返済方法を選び、使い過ぎには十分に注意しましょう。
posted by マナ at 23:01| Comment(0) | クレジット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

クレジット契約の種類とメリット

クレジット契約には、包括クレジットと個別クレジットの2種類があります。利用者は、どちらの種類のクレジットなのかを知った上で使っているのでしょうか。

クレジットカード会社に申し込みをして、まずカードを作るのが包括クレジットです。クレジットカード会社は、カードの申し込みをした顧客の信用情報を審査し、カードを発行するかを決めます。

審査に通過できれば、以後はクレジットカードを使ってクレジット契約が可能です。クレジットカードの利用可能枠の中ならばカードを使って商品を購入して、支払いの方は後で処理することができます。

頻繁に買い物をしたり、クレジットカードをよく使う人などにとって、包括クレジットはとても便利です。3万円や5万円の買い物を頻繁にする人にとっては、とても使いやすいものです。

普段はクレジットカードは持っておらず、高額決済が発生した時にその決済に対してだけ審査をするのが個別クレジットです。

それぞれの決済ごとに手続きをするもので、その都度契約する金融会社も違うものになるようです。一つ一つに対して審査をすることになるので、包括クレジットより時間や手間がかかります。

しかし、うっかり使い過ぎてしまうという危険性はありません。個別クレジット契約は、車、バイク、宝石など高額商品を購入する時によく使われます。
posted by マナ at 11:23| Comment(0) | クレジット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

クレジット契約とは

クレジット契約というのは、分割払いの一種です。高価な商品を買いたいけれど、今持っているお金が足りないという時に販売店で契約ができるというものです。

実際のクレジット契約は、店と提携している信販会社が扱います。クレジット契約の申し込みがあると、信販会社側は信用能力を審査し、OKならば商品代金を代理で払います。

この時点で、申込者は購入した商品の代金を、販売店ではなくてクレジット会社に返していくという形になるわけです。

クレジット契約には翌月一括払い、分割払い、リボ払いなどがあるので、消費者の希望によって支払い方法を選ぶことができます。

クレジット契約には2種類あります。事前に審査を受け、返済条件や貸し付け上限金額を決めておいてクレジットカードを作っておくのが包括クレジットです。

個別クレジットとは、決済を行う度に信販会社からの審査を受け、その分の支払いをしてもらうものです。

クレジット契約を利用することで、今はお金がなくて欲しいものが買えないという時でも、後日の支払いを約束することで購入ができますので、買い物の幅がぐっと広がります。

返済総額が計算しづらかったり、金利が込みいっていることもありますので要注意です。クレジット契約をする際は、事前に確認するようにしましょう。
posted by マナ at 12:47| Comment(0) | クレジット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。