2013年03月16日

日本クレジットカード協会からの注意事項

日本クレジットカード協会はクレジットに関するさまざまな取り組みを行っている機関です。いくつもの銀行や金融系企業、カード会社などが会員となっていて、消費者に対する情報提供などを行なっています。

クレジットに関する消費者相談・苦情の対応にあたる窓口がありますが、日本クレジットカード協会の名前を使った詐欺が増加しています。

日本クレジットカード協会の者であることを名乗って消費者を訪問し、カードが不正利用されている疑いがあるのでカードを確認したいと言うのです。訪問した者がカードの暗証番号を聞き出し、そのクレジットカードを預かった上で不正に利用するという手口の詐欺です。

こういった詐欺行為が増えているということで、日本クレジットカード協会は注意を促しています。日本クレジットカード協会ではクレジットカードの個人契約に関する調査を行うことはまずありません。

まして暗証番号を尋ねたり、クレジットカードを預かるようなことはあり得ません。日本クレジットカード協会を騙る詐欺にあった場合には、クレジットカード会社と警察にすぐに通報することが大事です。

他の人にクレジットカードの暗証番号を教えることは、どういった状況であっても絶対にやってはいけないと考えておいてください。

クレジットカードに関する自分の個人情報は、普段から十分な注意を払って管理することが大切です。日本クレジットカード協会のサイトには、クレジットカードについてのさまざまな注意事項が掲載されていますので、一度読んでおいたほうがいいでしょう。
posted by マナ at 09:05| Comment(0) | 日本クレジットカード協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。